…φ - 冒険家の勘はイルカの右脳より鋭い

05« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »07
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02

27

15:56
Sun
2011

No.054

ふしぎの、不思議の、ワンダーランド

更新時間がどんどん遅くなる一方ですいません(´・ω・`;)
おはようございます!今日は本のはなし。

私事ですが、さきほどやっとアリスインワンダーランドの映画を観ました(*´▽`*)
ジョニーファンなので、できれば映画館の大きなスクリーンでみたかっ(ry

そんなことは置いといて(笑)

今日はアリスのはなし、に深くつっこんでいきたいと思います。

映画のアリス
f0184700_23322158.jpg

映画ではティムバートン監督が、不思議すぎる世界を作り上げています。
監督曰く、「人生の分岐点に立つアリスを描き、原作に感情的な深みを与えたかった」
(洋泉社 ティムバートンの世界より引用)

11892315_gal.jpg

原作に登場するキャラクター、三月ウサギや帽子屋、トランプ兵達
そして鏡の国のアリスに登場する赤の女王白の女王、チェス盤。

忠実に原作を映像にするのではなく、新たなストーリーを作り出す
ティムバートン監督の溢れる才能にはまったく恐れ入ります(`・ω・´)

ディズニーアニメのアリス
disney1.jpg

最初に見たアリスはやっぱりディズニーという印象が強いと思います。
ルイス・キャロル著の原作を見てアリスに興味をもった
ウォルト・ディズニーがアニメーション化に踏み切ったそうです

alice5.jpg

原作の持つ言葉遊びこそ薄れてはいますが、誰が見ても楽しく
ディズニーらしいミュージカル式のおとぎ話として完成されています。

▼原作のアリス
A4AAC3E3B2F1.png

1865年に数学者であり、作家でもあるチャールズ・ラトウィッジ・ドジソン
ルイス・キャロルの筆名で出版した児童文学。
アリス

少女に聞かせていたお伽話が不思議の国のアリスの元となっている。
アリスという名前もその少女からとっている、もしこの子がメリーだったら
不思議の国のメリーになっていたのかもね!

何回も読み返したくなる原作の面白い言葉遊びと素敵な詩
ぜひ、読んだことのない人は一度読んでみてください(*´▽`*)

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。