…φ - 冒険家の勘はイルカの右脳より鋭い

07« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »09
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02

10

13:21
Thu
2011

No.036

天才の死に方

またこんな時間に起きてしまいました(ノ*0*)ノ
書き溜めていた記事がなくなってくると、寝起きの頭で書かなきゃいけないので
変な文章になっているかもしれません!今更ですが(笑)

さてさて、今日は本のはなし!なのですが
前回の本のはなし(http://bit.ly/ec20Fb)のつづきです。

直木賞を受賞された、石田衣良さんのインタビュー後編を取り上げたいと思います


なんか私がヘタに説明するよりか、やっぱりインタビュー記事を
実際に読んでいただいた方がわかりやすいので
一部、抜粋させていただきました(-人-)

インタビュー記事はこちら⇒http://bit.ly/fdAiNP

-----------------------------------------
(以下抜粋より)

(石田)文化って遊んでいる人が作るものなんだよね。
遊びのゆとりみたいなものはどの主人公にも必要なんじゃないかな。
いま、最低のところで厳しい生活をしている人も、しんどいときのために
自分なりの趣味や遊びを作っておいたほうがいいね。

――それは仕事につながらない遊び、完全に趣味だけでもいいんでしょうか。

(石田)いいと思う。集中して10年とかやっていれば、
それがプロとかセミプロとして通用するようになるんですね。

-----------------------------------------

――会話以外にモテ方の秘訣というのはありますか?

(石田)どんな話の流れになっても、
自分はその話についていって、面白いと思っているということを感じさせる人。
これはホステスでもインタビュアーでも作家でも同じなんですけど、
相づちがうまく打てるのは大事です。
 仕事ですごくしんどい目に合っている女優さんがいるとするでしょ、
これが相づちがうまいだけで2時間後にはいい感じになるとおもうよ。
2時間くだらない愚痴を聞いてあげられる男になってみて?
そうしたらもうモテるから。そのときに、芸能界はこういう世界だから
お前はもっとがんばらないといけないんだよみたいな説教は一切しちゃダメなんだよ。
それができればモテるんですけど、ほとんどの男の人はできないんです。

――経験談ですか?

(石田)いやいやー。男って馬鹿だから、
変なプライドで説教とか偉そうなことを言っちゃうの。それでみんな失敗する。

――今まで失敗したことはないんですか?

(石田)失敗することもありますけど、いいじゃない、そんな小さなことは(笑)。

-----------------------------------------

(石田)それに自分なりの知性やセンスを加えていけば良くなるんじゃない。
でも、人に聞くんじゃなくて自分で考えないとダメかな。
今言ったことは全部何も役に立たないから。

――えっ!

(石田)自分で考え出してない方法は別な局面になると応用が利かないの。
だから、生き残るためには何が必要か自分で必死に考えるんだね。
自分が一番得意なカードを考えるのは良いことだよ。
そうじゃなかったらあとはもうフリーターでのんびり暮らしてさ、
生活保護とかもらって炊き出しがあったらみんなでカレー食えばいいじゃない。
それも人生だと思うよ。それが絶対嫌だって人は、自分なりに何かを頑張って欲しいなと思います。

-----------------------------------------

なんのこっちゃ!もしくは、共感できるor興味がでてきた方は
ぜひぜひインタビュー記事を読んでみてください^^


明日は「ゲームのはなし」です!

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。