…φ - 冒険家の勘はイルカの右脳より鋭い

07« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »09
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07

28

21:28
Thu
2011

No.0178

1000回遊べるRPG!!

日中の暑さが、厳しくなってまいりました。
日傘なんて邪魔くさいものはささない、日焼け止めを早く買わなくては…

そんな件とは関係なく、さて!今日はゲームのはなしです。
ご紹介するのは「ローグライクゲーム」について( ╹◡╹)

ローグライクと聞いてもピンとこない人がほとんどだと思います
我らがウィッキーペディア(仮)さんで調べて見ると
まあごちゃごちゃ難しい用語ばっかりだったので割愛(´ω`)

歴史を遡ると、ウィザードリィウルティマなどが国内のローグ系ゲームだったのですが
あまり知名度は高くなく、みなさんが知っているローグ系の最古といえば
国民的RPG「ドラゴンクエスト」シリーズより「トルネコの大冒険 不思議のダンジョン」でしょうか!

images_20110728205504.jpg

トルネコが1993年に発売されてから一気に知名度は上がり、
続けて「ファイナルファンタジー」設定を用いた「チョコボの不思議なダンジョン」も発売。

今日はトルネコ、そしてチョコボ、シレンの3つを取り上げていきたいと思います!

トルネコの大冒険

改めて説明しますと、1993年9月にSFC用ソフトとしてチュンソフトから発売された、
ドラゴンクエストシリーズの外伝的作品。

キャッチコピーは「1000回遊べるRPG」
1993年度日本ソフトウェア大賞受賞作品である。
ge090.png

ローグ系の要素を踏襲した設定で
ターン制度(プレイヤーが先手、なにか行動をすれば敵も行動する)
アイテムを所持(上限20個まで、ランダムに現れるアイテムを拾っては捨て…)
満腹度(ターンが経過すると共に満腹度が下がっていく。パンを食べると回復)

などなど。
基本的に死んでも身ぐるみ(アイテム)を剥がされるだけで何回でも挑戦できる

ゲームのクリアという位置づけは
①最初に登場するダンジョン「ちょっと不思議のダンジョン」
   ★地下10階にある王様の宝石箱を入手して無事生還すればクリア
②次に登場するダンジョン「不思議のダンジョン」
   ★地下27階にある幸せの箱を入手して無事生還すればクリア
③最後に登場するダンジョン「もっと不思議のダンジョン」
   ★もっとも難易度が高いダンジョン、地下99階にさいごの巻物がある


チョコボの不思議なダンジョン

1997年12月にスクウェアから発売されたPS用ソフト。
FFのマスコット的キャラであるチョコボを操作してダンジョンを冒険する

images (2)images (1)

FFシリーズの世界観を踏襲しており、登場キャラクターもおなじみのものが出てくる
ローグ系の基本的な要素に加えて、FFシリーズお馴染の召喚魔法ATBシステム(アクティブタイムバトル)がある。

後に時忘れの迷宮へとシリーズ化、その他のチョコボシリーズの元祖作品となっているが
ストーリー上のつながりはほとんどない。


風来のシレン

トルネコと同じくチュンソフトから発売されている、ローグ系ゲームの金字塔。
初代不思議のダンジョンであるトルネコから基本は受け継いでいるが
世界観は一風変わって、和風!(パン⇒おにぎりなど)
c20080625_14_sirends2_01_cs1w1_290x.jpg4974365142111_free2.jpg

上二つと大きく違うシステムは、アイテムとして壷が登場し、容量(数字)の分だけ
アイテムを収納したり何らかの効果を付加することができるようになったナドナド

数多くの続編が発売されており、ローグ系をやるならシレンをオススメします!
(まぁ、結構難しいんですが・・・w)


1000回遊べる、というキャッチコピーの通り
まったく飽きる事のないローグライクゲーム!
ぜひ、遊んだ事のない人はお試しあれー(*´▽`*)

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
07

29

edit
メガネ [No.25 - 12:16 2011]
よくやりましたね~
未だに、不意に潜りたくなりますね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。