…φ - 冒険家の勘はイルカの右脳より鋭い

05« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »07
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05

07

13:15
Sat
2011

No.0127

クラシック?クラッシック?

おはようございます( ╹◡╹)
今日は音楽のはなし、いつもはボカロPさんを紹介しますが
今日はうって変わって有名な、作曲家さんとオススメの曲をいくつかご紹介したいと思います♪

多分ほとんどの人が小学校の音楽の授業で習ったことでしょう!
ベートーヴェン」についての魅力を今日は語っていきます~(・ω・)

large_117.jpg
本名、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
ドイツの作曲家で、クラシック音楽史上きわめて偉大な作曲家の一人とされています。

ベートーヴェンの生い立ちや音楽理論については、wikiさんを見れば分かる事なので
今日はそういった紹介ではなく、私個人の意見から見たベートーヴェンを語っていきます(*´▽`*)

高校のクラブでバイオリンを弾いていた私が
クラブ活動の中で触れたベートーヴェンの曲は、彼の生涯で作られた
素晴らしい数々の名曲ほんのごく一部にすぎません。

が、弾いていてとても印象に残るほど
楽しかったのでその曲を紹介したいと思います!

交響曲第5番「運命第4楽章


ベートーベンといえば運命を想像する人が多いのでは。
ちなみにジャジャジャジャーン!のフレーズは第1楽章
これは運命の最後を締める第4楽章なのですが
第1楽章の暗めの雰囲気から入る「運命」も最後は華やかに豪華にそして優雅に。

一番盛り上がる曲であり、盛り上がりを表現するのが大変だった曲でもあります。

もちろん、第1楽章から聴くのがベストなのですが
クラシックを聴くのが苦手な方は3楽章の後半からでも(ry

▼交響曲第1番 第1楽章


ハ長調の響きが美しい第1番、の第1楽章です。
初期の作品で、ベートーベンの強い個性が見られる曲ではありませんが
古典派音楽としての完成度は高く随所に見られる独自の試みも聴きどころです。

私は3分あたりからのフレーズがお気に入りです(*´▽`*)

▼交響曲第7番


のだめカンタービレで馴染みのある曲となりました、第7番。
全体を通して明るめの曲想であり、最もリズミカルな作品です。
9つある交響曲の中でも特にバランスが優れていると言われており
これは1楽章から通して聴くことをオススメします!

クラシック音楽は中々入りにくい部分があるとは思いますが
音楽に少しでも興味のある方、楽譜が読める方は是非
スコア(オーケストラの全パートが載っている楽譜)を見ながら
曲を聴いてみたりしてはいかがでしょう♪

また違った発見があって楽しいです!

Trackback

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。